FC2BBS

6774
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

住所を教えてください 下條 英敏

2017/07/23 (Sun) 08:17:51

ミニミーの部屋の管理人様
満州写真館から多くの写真の提供をいただきありがとうございました。
おかげさまで上梓できまして、もうじき冊子が出来上がります。冊子をお送りしたいのですが、送り先をお教えください。

Re: 住所を教えてください - 管理人 URL

2017/07/23 (Sun) 23:30:49

下條様

メールにて返信いたしましたのでご確認をお願いいたします。

湯崗子温泉の見取り図 - ノロ

2017/07/10 (Mon) 18:33:50

みに・ミー様

ちょっとお知らせを。
満洲談話室の松猿さんが見つけられたのですが、下記URLに湯崗子温泉の昭和9年の見取り図が載っています。
http://blog.sina.com.cn/s/blog_50211f310102wq6g.html

残念ながら清林別墅はまたもはずれていますが、熱泥採取のトロッコ線らしい線が「特殊鉄道」の記号で記入してあります。

ご参考まで

ノロさんの湯崗子温泉の見取り図 - e-ko

2017/07/11 (Tue) 00:52:58

みに・ミー様
ノロさんからの湯崗子温泉の見取り図面クリックして私も見せていただきました。びっくり心弾ませて見せていただきました。何と湯崗子駅から対翠閣までの並木道、と対翠閣から駅までどちらからでも何枚も少し時代もいろいろ写してあり懐かしい通学路ベンチもちゃんとあります。劉さん親子が歩いてるあの駅までの並木道です。劉さん親子は駅へ向かっています。

劉さん - ノロ

2017/07/11 (Tue) 16:57:15

e-koさん、こんにちは。
劉さん親子は白服の二人でしょうか?
e-koさんとはどのようなご関係ですか?

Re: 湯崗子温泉の見取り図 - e-ko

2017/07/11 (Tue) 21:49:33

ノロさん
湯崗子の写真を沢山見せていただいてありがとうございました。劉さんのお父さんは対翠閣のポーターさんでした長いこと対翠閣の仕事をされていて高齢になり息子さんが後継者としてお手伝いされていました。劉さん親子の後ろ姿の写真はみに・ミーさんが見せてくださいました。親子で駅へ向かってるようです。劉さんは対翠閣の社員です。
新築の社宅が完成するまで私達は劉さん宅の隣に住んでいたので劉さんはは良く覚えています。その家を撮ってきたのですが見当たりません・・・対翠閣では中国人も大勢働いていました

Re: 湯崗子温泉の見取り図 - ノロ

2017/07/12 (Wed) 10:43:06

e-koさん、こんにちは。
劉さん親子は温泉会社の従業員だったのですね。
みに・ミーさんが見つけられた写真に、その後姿が写っていたのですか?
それはものすごい「奇遇」ですね。

私の周囲にもなつかしい現地の人たちがいました。
好々爺の運転手さん。運転主見習いとボイラーマンを兼ねていた若いボーイさん。朝鮮人の若い住み込みの女中さん。
この女中さんは小学校の国語の教科書を大事そうに持っていて、それを開いて小学1年の私にハングルを教えてくれました。
みななつかしいです。

Re: 湯崗子温泉の見取り図 - 管理人 URL

2017/07/20 (Thu) 00:10:38

>朝鮮人の若い住み込みの女中さん。

そういえば加藤登紀子さんがハルピンに居た時にも、女中さんを雇ったら朝鮮から来た若い人だったとか(14歳でしたっけ)。

はるばる遠くまで仕事を求めて移動。
それだけ満州は治安も経済も安定したということなんでしょうね。

蓮舫の違和感 - 管理人 URL

2017/07/20 (Thu) 00:08:21

なんだか、さらっと二重だったので御免で、報道もしーんとしてます。
でも、蓮舫さんといえばこれまで
・漢字を読み間違えた
・高いカツカレ-を食べていた
・カップラ-メンの値段を間違った
・ウチワのような物を配った
・高い水を飲んでいた
で資質が無い辞任しろッ!
て言ってた人です。
が、『二重国籍問題』を うっかりしていました、だけで済まそうとする

あと蓮舫周辺のダブルスタンダードが酷い。
『民進党の有田芳生(ありた・よしふ)参院議員(65)に日本維新の会の橋下徹法律顧問(48)=前大阪市長=がインターネット上などでかみついている。
 民進党の蓮舫代表(49)が自身の戸籍謄本の一部など関係書類を公開した件で、有田氏が蓮舫氏に公開を求めた人々を「差別だ」として非難したことを、橋下氏は自分の出自が週刊朝日に報じられた際には有田氏が「面白い」と言っていたと指摘し、「自分の嫌いな相手なら面白く、自分の所属する党の代表なら人権問題にするのか」として、有田氏の姿勢を「ダブルスタンダード」と激しく批判した。 』

これ、国会議員がこんなひどいことを言うのか、と思うかもしれませんが、本当なんです。
ツイッターから。
橋下氏をコキ降ろす時
https://pbs.twimg.com/media/DFECmm3VoAESvai.jpg
(これ、あとで週刊朝日は橋下氏に謝罪しました件です)。

蓮舫を持ち上げる時
http://livedoor.blogimg.jp/gensen_2ch/imgs/9/7/9743c964-s.png

民進党を支持している人ってこういう場当たり的な言動は気にならないんでしょうかね。

遂にありました、マッドバス - ノロ

2017/07/17 (Mon) 10:05:56

「湯崗子温泉株式会社二十年史」という本を入手しました(左の写真)。
そもそも温泉会社は「清林別墅」という名称を使用していません。この名前で検索しても見つからないわけです。温泉会社が呼んでいる名称は単に「マッドバス」または「鉱泥浴場」です。みに・ミーさんご紹介の建物写真に書いてある通りです。

またこの本によればマッドバスの建物を落成したのは昭和5年6月です。大正時代の絵はがきに写っていないわけです。

さてこの本に、マッドバスの建物を含む見取り図があります(中の画像)。左側が北側です。文字が読みにくいので青色で注釈を入れました。一見、マッドバスの建物の平面形が違うように思いますが、それは当時の写真にある裏側(東側)の一階建て部分を含んでいるからです。

この本の76ページには建物及び泥採取状況の写真もあります(左の写真)。鮮明ではありませんがみに・ミーさんご紹介の写真の建物と同一であることはわかります。なにしろ出所の保証つきです。

Re: 遂にありました、マッドバス - ノロ

2017/07/17 (Mon) 10:09:01

マッドバス入りの見取り図はこれです。

Re: 遂にありました、マッドバス - ノロ

2017/07/17 (Mon) 10:11:18

76ページの写真はこれです。

Re: 遂にありました、マッドバス - ノロ

2017/07/17 (Mon) 10:18:53

キーを入れるのを忘れて修正できませんのでここに書きます。

トップの書き込みの(左の写真)(中の画像)(左の写真)はそれぞれ:
(右の写真)(下の画像)(下の写真)と読み替えて下さい。

Re: 遂にありました、マッドバス - ノロ

2017/07/17 (Mon) 14:30:32

泥浴場整備のいきさつは次のように書かれています。

はじめ、ロシア人がこの地の熱泥の優秀さに気付いて自然発生的に利用していたので、温泉会社としても始めはアンぺラ囲いの泥浴場を作り、次いで煉瓦建ての浴場を泥浴場に改造して利用させていました。

その後、大正15年に閑院宮、昭和3年に高松宮がこの地に宿泊した際に泥浴場を見学し、特に高松宮にはもっと設備を整備してはどうかとの「有り難き御諚を賜った」という状況がありました。以下引用します。
「茲に於て昭和三年十二月完備せる泥浴場の建設案を満鉄重役会に提案し、同月十五日重役会の決済を経て愈満鉄は七万円を投じ完備せる泥浴場を建設することとなった。昭和四年七月湯元の西側に地を卜し、起工一ケ年を経て洋風煉瓦建二階造り延坪数七二六・〇六平方米の建築を完了した。尚将来冬期の営業も考慮し暖房装置をも完成せしめ内外ともに完備を誇る泥浴場が出現したのである。」ということです。

当時の建設の早さにも感心しますね。

Re: 遂にありました、マッドバス - 管理人 URL

2017/07/19 (Wed) 00:53:05

おお、これは配置が判りやすい
マッドバスがあって、しかもちょっと離れたところにあることがわかります。

ふむふむ
マッドバス以外も、池と池に浮かぶ島の位置も判って興味深いです。
となりますとトロッコの位置は、、、、あれ?
ちょっと考察中です。

それにしましても、日本人ってお風呂大好きですね。
7万円の浴場ですか。かなりの金額になりますが今でいうと文化住宅一件は余裕で建つ値段でしょうか
(昭和10年にかつ丼が35銭で、、、ってピンと来ないですね)。

一つ一つの建物を見直しながら地図をじっくりみなおしているところです。

Re: 遂にありました、マッドバス - ノロ

2017/07/19 (Wed) 12:03:03

「二十年史」のなかの見取り図(以下「二十年史見取り図」)は、造園計画図のようなものですから、地形などはあまり正確ではないと思います。

松猿さんご紹介の見取り図(以下「松猿見取り図」)と比べると、竜泉別墅付近の湖岸の線がかなり簡略化されているし、二番目の出島(西側)が省略されています。トロッコ線も恐らく省略されたのでしょう。ただ、松猿見取り図と重ねて見れば、松猿見取り図のなかのトロッコ線(?)が二十年史見取り図のなかのマッドバスにまっすぐ向かっていることがわかります。

二十年史見取り図は、マッドバスの建物の実在と位置関係を示す、今のところ唯一の証拠であるところに意味があると思います。

もう一つの一致 - ノロ

2017/07/12 (Wed) 20:46:39

私は泥運びトロッコ線が写っている「清林別墅の裏側」の写真を見て以来ずっと、建物の中央に見える四角い出っ張りを、温泉のタンクかなにかだろうと
思っていました。「タンク」の中央に立っているものがパイプに見えたからでもあります。

この間ふと写真を見て、出っ張りに窓があるのに気が付きました。窓を数えると三階建てになっています。パイプに見えたものはよく見ると手前の電柱でした。

そこで松猿さんご紹介の資料を読み直すと、次の文章があります。
「東側局部三層,第三層現已被拆除」
「東側が局部的に三階建てになっていたが、現在は三階部分は撤去されている」

それでは二階建てになった出っ張りは現在も残っているのでしょうか。グーグルアース画像で見ると確かに中央東側に出っ張りがあります。テラスなどでなく高さのある出っ張りであることは影で分かります。

これで当時の写真で清林別墅とされる建物と、現存の清林別墅との一致点がもうひとつ得られました。両者が同一の建物である可能性がますます高くなりました。

Re: もう一つの一致 - ノロ

2017/07/12 (Wed) 20:49:06

グーグルアース画像をこちらに載せます。

削除のお礼 - e-ko

2017/07/09 (Sun) 23:18:28

みに・ミー様
削除して下さりお手数かけました。ごめんなさい。
私の年齢になると キーボド打つのもミスが多くご迷惑おかけしています。満州談話室で湯崗子温泉の建物の位置、トロッコなど推測で皆さん間違った様々の意見が、盛りあがって困っています。

Re: 削除のお礼 - 管理人 URL

2017/07/11 (Tue) 00:43:24

e-ko様
いえいえ、掲示板はどうぞお気兼ねなくご利用ください。

また、私が湯崗子なのか、と満州談話室に掲載したのは、あり得ないだろうということで、そもそも疑ったから掲載をしたものです。
以前も豆腐を切って重ねたようなセメントの白い建物も湯崗子ではあり得ないだろうと思ってお問い合わせをし、e-ko様より、違う建物だ、とご指摘を頂いたことがありました。

当満州写真館では、当時の証言を最も貴重なものとして編集に最優先展開するという基本方針があります。過去、当時のお話を伺えた撫順などで、証言をもとに記述を変更、写真も一部を取り下げました。

満州写真館におきましても、あの建物とトロッコを湯崗子で掲載することはありません。

鞍山に飛行場ってありましたか? - 管理人 URL

2017/07/05 (Wed) 00:20:55

eiko様

掲題の件、満州の大都市には軍用も含めて滑走路がわりとあった様です。
鞍山や湯崗子あたりに飛行場ってありましたでしょうか。あるいは飛行機って行き来していましたか。ご記憶ありましたらご紹介お願いいたします。

奉天在住だった方が、近くの飛行場から旅客機に乗って遊覧飛行した、なんて話もあります。

当時の滑走路自体はわりと簡単に作れる様です。(熊本で言えば、合志にある自衛隊の訓練場には滑走路があって落下傘兵が訓練をしていたとか)。

鞍山は防衛のために戦闘機を配備するはずが数が足らずに飛行場だけ、という話が軍事の書籍にあったんです。ということはほかの不通の飛行機くらいは来たかな、と思ったんです。

Re: 鞍山に飛行場ってありましたか? eiko

2017/07/05 (Wed) 00:36:36

鞍山に飛行場ありました。私の兄が鞍山中学でグライダーにに乗っているのを見に行きました。飛行場は鞍山神社の裏辺りではなかったかと思いますが、定かではありません。

Re: 鞍山に飛行場ってありましたか? - 管理人 URL

2017/07/06 (Thu) 00:50:36

おお、
ありがとうございます。

グライダーとは、訓練生が居た、という推測もできますね。

参考まで
満州国の大学の教練(体育)で使用中のグライダーです。
車などでちょいと引っ張ればすっと上がるのだとか。
当時から、そして戦後もしばらく(いまもごく一部で)使用される初期訓練のグライダーです。
でも、これ、ちょっと乗るのは怖いですね。

Re: 鞍山に飛行場ってありましたか? - 管理人 URL

2017/07/09 (Sun) 22:00:24

eiko様 代理投稿

2017/07/06 (Thu) 15:02:33
あっ、写真のグライダーです。時々夢にも見ます
兄は模型飛行機も(グライダー)作って飛ばしていました。
よく落ちなぁ~と子供ながら見てました。

2017/07/06 (Thu) 15:24:08
みに・ミー様
もし軍用飛行場があったとしたら 鞍山には競馬場があり列車車窓から見ていたので もしかしたら戦時中は競馬場跡軍用機が飛んだ?かもしれませんね、定かではありません。

2017/07/06 (Thu) 14:57:44
みにミ-さま
旅客機は満州唱歌にもあるので日満を日本の旅客機が飛んでいたようです。兄は中学5年を終えて ほかの友達は予科練に行きましたが、兄は新京の航空校を父の勧めで行きました 3か月で敗戦になりました。お尋ねの鞍山に軍用機の事はあまり詳しくはお答えできません。先輩に聞いてみます。

満州談話室に写真をお借りしました。

追伸 e--ko

2017/07/06 (Thu) 15:24:08

みに・ミー様
もし軍用飛行場があったとしたら 鞍山には競馬場があり列車車窓から見ていたので もしかしたら戦時中は競馬場跡軍用機が飛んだ?かもしれませんね、定かではありません。

無題 e--ko

2017/07/06 (Thu) 15:02:33

あっ、写真のグライダーです。時々夢にも見ます
兄は模型飛行機も(グライダー)作って飛ばしていました。
よく落ちなぁ~と子供ながら見てました。

五龍背温泉の件 eiko

2017/07/05 (Wed) 00:50:59

みに・ミー様

済みません!

五龍背温泉は初めて知りました。
この件は全く解りません。

Re: 五龍背温泉の件 - 管理人 URL

2017/07/06 (Thu) 00:44:05

はい、
実は五龍背は、ほぼ資料が集まらなかったんです。
日本人が行っていたのは確かで日本家屋の離れもあったところなんです。

で、ちょこっと満州談話室にも書き込みしてみました。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.