FC2BBS

7799
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

新聞発フェイクニュース - 管理人 URL

2017/10/27 (Fri) 23:34:15

新聞の書き手がロートル化したのか、だんだん内容が幼稚になってきました。
何故か、野党とねんごろになって贔屓にしたいのは横に置いておくとしても、与党への記事がばかげてきている。
朝日新聞のことですが、これ、平気で読んでいる人って、もしかして文盲だったりしませんよね。

Re: 新聞発フェイクニュース - 管理人 URL

2017/10/27 (Fri) 23:36:35

では、朝日新聞の顔、天声人語を検証した人がいましたので、紹介します。

『自民党が選挙で大勝した後、朝日新聞が天声人語で悔し紛れの捨て台詞を吐いたのは記憶に新しい。その中の一節について明らかに違和感を覚える部分があったので検証してみたい。まずは問題の記事。

一貫して安倍総理にネガティブなことを書き連ねる中、ただの妄想なのではないかと疑われる箇所がちらほら。真ん中あたりにある「安倍総理はおにぎりを食べる表情がこわばっていた」という箇所については検証できる証拠があったので天声人語が事実に基づいているのかどうか調べてみた。

▼演説の途中で吾妻産のおにぎり試食タイムに。中の具材に違いがあるのか、安倍総理は真剣に選ぶ。
▼食べる瞬間。舌が前に出ており、食欲全開といったところ。
▼笑みがこぼれる。
▼美味しそう。
▼歯を見せて笑い、ニコニコしている。

Re: 新聞発フェイクニュース - 管理人 URL

2017/10/27 (Fri) 23:41:42

『 安倍総理「これは本当に美味しい。歯ごたえがあって甘み!ワカメかな?青菜?私の地元ではワカメって言うんですよ。選挙では握り飯がいいんですよ。握り飯を初日に食べれば絶対に勝つんです。それを信じて頑張っていきたいと思います」

この後、安倍総理は物凄い勢いで残りを口に入れ、あっという間に完食したのであった。実際に動画を見れば「表情がこわばっている」ということは全くないことが分かる。 』

この元になった天声人語がこちら。
久しぶりの詳細添削をアップしてくれた人がいました。
それにしても、この程度の添削が出来ない組織になり下がった朝日新聞。大企業病とはよくぞいった。
新聞が、文章が下手でどうする。思い込みで記事にしました、というのであれば、サボりでしかない。
若い人の新聞離れなどという人もいますが、新聞が新聞らしくない以上、若い人が読もうと思わないのは当然です。

海城の人と会いました - e-ko

2017/09/29 (Fri) 21:32:36

管理人様

私は26日から北九州の大洋フェリー旅行社のツアーで~日本平、美保の松原、駿河湾クルーズ、富士山を見に行きましたが大雨で見れなく残念でした。

ツアーの中に海城から引き揚げて来た人がいました、お父さんはお寺の坊さんだった、お寺の近くには陸軍病院があったそうです。引き揚げ当時4歳だったが覚えていると話されました。私も海城は何度か母と行ったので懐かしく思いました。

Re: 海城の人と会いました - 管理人 URL

2017/09/30 (Sat) 01:27:48

おお、
それは素晴らしい出会いが。

海城というと、当満州写真館でも1枚だけありました。
一寸、写真の入手しにくい街で、例えば内地からここへ出かける人は少ない、なので絵葉書なんかも少ない、と言う風に考えました。

でも、満州国内では訪問するニーズがあったんですね。
満州は地方都市も、安心して旅行できるのか、とも考えました。

Re: 海城の人と会いました - 管理人 URL

2017/09/30 (Sat) 01:31:33

ポケットブックスという、古い絵葉書を通信販売してくれるサイトがあるのですが、そこで海城を調べると、いくつか販売していました。

http://www.pocketbooks-japan.com/advanced_search_result.php?search_in_description=1&keywords=%CB%FE%BD%A3%A1%A1%B3%A4%BE%EB&x=0&y=0

守備隊、街並み、城門。
街並みは、なるほど満州っぽいなと感じました。

Re: 海城の人と会いました - e-ko

2017/09/30 (Sat) 14:08:58


博多の駅近くに「中国旅行社」事務所がが有ります。海城出身57歳位です 現在は家族も来ていると言っていましたけどだいぶ前に聞いた話です。

鞍山旅行の際海城に住んでいた方が2組参加していたので海城にも行き満州時代付き合っていた当時子供さん宅え行きたいと言われ旅の一行を大勢でお邪魔して海城の街並みも見てきました。サイトの鉄橋も見てきました。写真の塔もありました。
古い写真良く見つけましたね。

妹の出生地 満州時代は 奉天省海城県湯崗子村になっています。

写真撮ってきたの探せばあります。

写真を使わせて下さい。 井上泰俊 URL

2017/09/12 (Tue) 23:15:52

管理人さま
初めまして、福岡県糸島市の山間部に住む者です。
小学校のゲスト・ティーチャーとして六年生に「私の戦争体験」と言う課題で話をすることになり、小学校二年生の時、満州国の撫順市で終戦を迎え昭和21年7月に引き揚げて来るまでの事柄等を説明するのに「満洲写真館」に説明用として参考になる写真が多く記載されていますので使用させて頂きたくお願い致します。
お許し頂けたら後日私のブログに話しの概要を掲載する予定です。

Re: 写真を使わせて下さい。 - 管理人 URL

2017/09/13 (Wed) 00:33:51

井上様

ようこそお越しくださいました。
是非、ご活用ください。
当写真館の画像が役に立ちますこと、真にうれしく思います。
体験談の講話の盛況を祈念致します。

撫順からの引き揚げでしたか。
大きな町、駅前のお土産物屋さん、魅力ある街に感じます。
一方で、奥地から引き揚げてきた開拓団の少年が避難所の小学校の片隅で一人、ぽろぽろと泣きながら亡くなられたといった話も聞き、歴史の悲劇を刻んだ町だったんだ、という印象を持っています。

Re: 写真を使わせて下さい。 - 管理人 URL

2017/09/13 (Wed) 00:37:11

あ、そうそう
講話の様子など、こちらの掲示板でも紹介されますことをお勧めします。
引き揚げ者の方々の掲示板です。

http://www4.airnet.ne.jp/tomo63/homepage/COOL/danwashitsu/bbs39.cgi

私は戦後の生まれですが、みに・ミー名で参加し、満州写真館の記述のネタもここで頂戴したものがあったりします。

以上、紹介まで。

Re: 写真を使わせて下さい。 井上泰俊 URL

2017/09/13 (Wed) 16:18:30

有難うございます。
私が通った「永安小学校」の写真もあり、終戦直後、北満の方から避難して来られた方々の一時待機所になっていましたが、多くの方々が栄養失調や病気で亡くなり火葬・埋葬も間に合わずに防空壕に遺体を安置して翌年の春、河原で荼毘をされ日本の土を踏むことが出来なかった人達のことも話そうと思っています。
また、電車での通学を禁止されていましたが、悪友達と隣の駅まで行って電車に乗って帰宅したのがばれて翌日机を没収されて廊下に立たされた想い出の電車の線路も写っており懐かしい失敗談も話そうと思っています(笑)
ご紹介いただいたサイトは私も先日覘かせて頂き親切なアドバイスや写真等の資料も頂きました。

そろそろ十五夜です - e-ko

2017/09/14 (Thu) 21:45:03

管理人さん
台風が接近しています。
「お月見」見れるでしょうか

クロバトキン - e-ko

2017/09/05 (Tue) 11:58:24

管理人さま
ノロさんからお借りした本の中味は詳しく記録されていて過去湯崗子20年史は(昭和14年以前)の事も良く分かり住んだこと無くても、行って無くても、温泉の様子が良く分かります。

ノロさんは本を読んでいたのですね!
質問内容が私も首をかしげないと即答できない面もありました。湯崗子の事は私も大分忘れかけています。

20年史に冷凍庫の事は抜けているようです。

築山が幾つも在りましたけど山の2か所に山の中に大きな氷庫が設置され、冬の池は1メータ-以上の厚さに凍ります、

池の氷を60センチ~80センチ正方形に切り出し氷庫一杯に保管し 冬は寒くても夏の暑さは日本と同じでしたので、電気冷蔵庫が無い時代夏の調理場で大きい凍の冷蔵庫で料理など痛まないように、工面して 池の氷は役に立っていました。

池の氷は対翠閣、玉泉館前の池ではなく、対翠閣の裏の方うに大きい池があり そこの池の氷が冷凍庫様でした。
スケートしながら眺めていて大きいノコギリで手作業で満人が作業していました。
 
黒鳩の事も
湯崗子温泉にクロバトキンの別荘を建てる計画もあったようです。
クロバト(黒鳩)と西郷隆盛の歌を子供の頃わらべ歌で良く歌っていました。
歌の中に歴史が歌われていて暗譜で覚えていたのを思い出し乍ら歌い クロバトの別荘はこの鳥瞰図のどこに建てる計画だったのかなぁ~思い乍ら読んでいます。
1000年以上も昔から温泉があったそうで、奥深い湯崗子温泉の物語です。

Re: クロバトキン - 管理人 URL

2017/09/09 (Sat) 00:21:25

おお、
クロバトキンといえば、日露戦争の人ですね。
日本勇猛と知っていながら、本国と意見が合わず、コテンパンにされたという。その後、革命に巻き込まれながらも天寿を全うした、、、なんとも数奇な人です。
クロバトキンが泥湯に浸かっている、なんて面白い絵になりそうです。

氷庫のお話を具体的に聞けますのは初めてです。
いわゆる富士山なんかの氷室(ひむろ)ですね(長野にもちょっとありました)。
満州での氷の切り出し写真は入手しましたが、なるほど満州は北海道よりも緯度が高いので、どこでも氷庫の材料が作れたと考えました。
満州の夏は暑かったと聞きます。氷は重宝したものと想像します。

Re: クロバトキン - e-ko

2017/09/10 (Sun) 23:09:36

管理人様

湯崗子温泉は地図で見てお判りでしょうが狭い温泉地でしたから子供が遊ぶ所も温泉敷地内か、駅方面、でした。
春になると線路の土手に土筆が一杯線路脇の土筆を摘みに行ったり、社宅の子供達で山の方へ きのこ取り、川へセリを取りに行ったりして、満州の春は待ち遠しく社宅の子供達は仲良く皆で楽しんでいました。

汽車通学もしましたが 湯崗子の治安は良かったです。
終戦後で満人に襲われることもなく、良い所でした

旅行で湯崗子温泉へ行っても感じ良い所です

ただロ助と中国内戦昭和20年は「魔」の年でした

私も4歳まで朝鮮でした - e-ko

2017/09/01 (Fri) 17:45:46

みに・ミーさま

満州談話室見ました、私も4歳まで朝鮮でした、兄は朝鮮益山群熊浦面里で生まれ、私は内地母の実家で生まれると朝鮮の父の元え、父は警察に勤めていて私が4歳の時警察を辞めて大連~甘水子の会社~湯崗子温泉株式会社に住むようになりました。写真は熊浦面の頃の兄と私です。このころの事は覚えていません

Re: 私も4歳まで朝鮮でした - 管理人 URL

2017/09/05 (Tue) 00:26:33

わあ、菊がいっぱい。
満州でも流行ったんですね。母方の祖父が戦前に菊を育てていたとか。戦前戦後と鉄工所をやっていて、まあまあ金回りはよかったそうです。戦後、景気が良くなってから面倒になってやめちゃったそうですが。
母方の叔父が出征する際の記念写真は、綺麗な和服の母と無表情の祖父、そして鉄鋼の溶接用のアセチレンガスの大きなガスボンベと並んで写っているという。
伯父は無事、復員したんですが、祖父は伯父は戻ってこないと覚悟したとか。で、記念写真があの表情かと納得するんですが、一緒に並んだガスボンベはなんだったんだろう、と不思議な気がします。


父の写真は、見事に1枚もありません。
どうも、文字通り、身ぐるみはがされたから、らしいんです。

Re: 私も4歳まで朝鮮でした - e-ko

2017/09/05 (Tue) 01:19:38

みに・ミー様
写真は朝鮮の警察駐在所玄関前ではないかと思います。
兄が小学1年生入学記念だと思います。

菊は現在私も額ほどの庭に30鉢位育てています、毎年肥後菊を挿し芽して植木鉢で育て 水かけ、消毒、肥料、など子育て同様に生きがいです、毎朝眺めるのが楽しみです。

肥後菊が咲いたら画像送信します。
輪が大きく純白で美しい熊本だけの自慢の肥後菊です。
絶やさないように大事に育てています

引き揚げは皆さん大変でした。
終戦湯崗子の兵隊さん方が大勢亡くなられ公園に倒れ放置してあったと後から聞きました。
如何して亡くなられたか解りません・・?

私の宝物 - e-ko

2017/08/26 (Sat) 17:44:11

管理人様

こんにちは
この写真は今朝撮りました。
私の宝です。

湯崗子温泉「対翠閣」でお偉い方々のご来客用に 特別おもてなしの時 お膳を飾った輪島塗りのお椀です。

終戦と同時温泉会社は廃業になり対翠閣閉鎖になりました。

このお椀は割り当てで会社から頂いた貴重のお椀、引き揚げの時 6年生の私のリュックに(子供に持たせて)母が詰めてくれました。(母の知恵)

湯崗子から出発、引き揚げ途中 錦州、葫蘆島、船の中、佐世保の収容所で、朝、昼、夕、の食事の時各家族ごとに人数分配給されていました。

私が家族の食事係りで 毎回貰いに行き、我が家は6人家族なので 人数分もらい、体調悪い人には、お粥と梅干しが貰えるので時にはごまかしてお粥を貰い、このお椀の蓋はお皿、お椀は茶碗代わりに、、食後は私が食器洗片付け、水道の洗い場も順番待ちで洗って私が管理してきた想い出のお椀10客でした。

引き揚げ後はお正月雑煮を頂いてお椀の思い出話を家族でしていました

母が亡くなった後、私が持って帰ったお椀だからと貰いに行き見ました。

あら不思議いつの間にか10客が4客しか残っていなく、父に聞いても教えてくれず謎のまま、弟も知らないと云うし、私の手元に4客だけ大事に保管しています。

外に兄が大皿の輪島塗20客背負って帰りました。それもお正月使っていて今は全部 私が管理しています。

お椀の方は1客 50万円位それ以上だと思います。
鑑定して見るといいなぁ~と思っています。

Re: 私の宝物NO2 - e-ko

2017/08/26 (Sat) 17:47:19

お椀の宝物 その2

Re: 私の宝物NO3 - e-ko

2017/08/26 (Sat) 18:00:25

お椀の宝物 その3

湯崗子温泉街の様子もすつかり姿を変え 中国風に変わり果て、柳並木もぷぷら並木、アカシヤ並木も消え去り、玉泉館もてて代わり韓国人経営者となり、陸軍病院も解体、楽山荘も解体されてしまい、残るのは対翠閣と竜泉別荘の一部分だけになってしまいました。

仕方ないですよね、日本も空襲の焼け野原から列島改造され
立派な、平和な国になり、中国も先進国自由の国に変わってきて当たり前ですね。

Re: 私の宝物 - ローラ

2017/08/26 (Sat) 21:04:40

こんばんわ。
お知らせいただき、早速お宝拝見にまいりました。

♪♪( ^-^)/★,。輪島塗のお椀ですね。金色の装飾が気品があって、しかも形がいかにも優美です。
「対翠閣」でお偉い方々のご来客用に 特別おもてなしのお椀だったそうで、よく無事に持ち帰れましたね。

引き揚げ船の中でも使用されていたとは驚きです。

目の保養をさせてもらいました。
ありがとう、e-koさん。

Re: 私の宝物 - 管理人 URL

2017/08/30 (Wed) 00:30:52

ローラ様ようこそ

e-ko様
これはおどろき。
大変なお宝で、写真からも上質さが伝わります。

お椀を見ているだけでも、湯崗子が一流の温泉地だったんだ、と感心をしております。

楽山荘 - e-ko

2017/08/21 (Mon) 23:53:28

ノロさん

こんばんは  楽山荘は図面では

対翠閣正面右側丁度青い矢印の所の細くなってる所から先です

私が撮ってきた楽山荘の写真のファイルを探しましたが無いので、対翠閣の右端からシャッターこちらの写真も私が撮ってきた写真ですが残念!木の枝に楽山荘が隠れている所から先 見えませんが外見は和風造りです。

楽山荘は以前みに・ミーさんへ画像送信しています。

クリックすると前のが見れるかもしれません

楽山荘の写真 - e-ko

2017/08/22 (Tue) 23:14:00

楽山荘の写真 裏の方から撮った風景です。

横から写した日本風の窓と鐘の模様の壁の写真を紹介したかったのですが無くしました

Re: 楽山荘 - ノロ

2017/08/23 (Wed) 10:10:25

e-koさん

楽山荘の二枚の写真、有難うございました。
図面と引き比べて、よくわかりました。
この建物の地下にお風呂付きの遊郭があったというのは興味深いです。

対翠閣の方も、なんとなく享楽的な感じがします。ジブリ動画の「千と千尋の神隠し」の雰囲気ですね。

有難うございました。

Re: 楽山荘 - e-ko

2017/08/23 (Wed) 21:52:48

ノロさん

湯崗子温泉は これまでご存じなかった満州の地の温泉色々興味深く 質問され 私も忘れかけていたマッドバスを思い出しました、

ガマの穂の池を「葦の穂の池」と詩人が書いていましたけど
私が子供の時はガマの穂でした、アイスキャンデーの様に穂先に ガマの穂が付いていました。
(いなばの白ウサギの物語のガマの穂)です

こちらの画像は対翠閣の前の池ではなく、駅から歩いて対翠閣
の手前右側に 昔はガマの穂の池でした池のそばに築山があり山の野草を満人の子供が積んでいました。

 話が前後しますが 先輩から泥湯館は戦時中は、学校代わりに使ったのでは?と書いてありましたけど 私たちが学校代りに使ったのは竜泉別荘です。

湯崗子を訪ねた際 トロッコ線路の事も湯崗子の中国人に尋ねました、
昔は残っていたけど今は無いと言っていたので 息子位の年齢(50才代)の子なので戦後私たちが引き揚げ後も残っていたのだと思います

旧満州 中国東北旅行されますか?

父の従弟の子供になりますが、16年生まれで、満州ハルピンで終戦前母親と妹を亡くし、父親と引き揚げましたが満州の事は全く覚えていないとのことで もしハルピンへ行くときは 私もついて行きたいと頼んでいますけど いつの事やら 実現は出来そうにないです。仕事で当分マレーシア滞在だそうです。

みに・ミーさんには送信済みです。
ノロさん別に写真送信とメール見てください

訂正 - e-ko

2017/08/17 (Thu) 16:04:19

図面が間違いました

ノロさんの図面の方が私は記憶の中で見やすいです
送信した図面は選択を間違いまし

Re: 訂正 - ノロ

2017/08/18 (Fri) 14:51:24

図面の正確さは一長一短だと思います。

池の形などの地形は松猿さん紹介の図面(以下松猿図面)のほうが正確なように思います。二十年史図面は造園計画が目的のようで、その辺はかなりおおざっぱです。

玉泉館・対翠閣は二十年史図面のほうが細かい凹凸まで書き込んでいて、それがe-koさんのご記憶とも一致したわけですが、松猿図面はおおまかにまとめています。

清林館はどちらも同じくらい正確に見えますが、二十年史図面は西側の棟(建物の中に泉源がある、大浴場と思われる棟)の軸がわずかに傾いています。わざわざ傾けて描いてあるほうが正確と思われます。

竜泉別荘は松猿図面のほうが凹凸が細かくて、西端部のL字型に突き出した棟が小さいです。こちらのほうが二十年史図面よりも実際に近いと思われます。

裏庭の写真 - e-ko

2017/08/18 (Fri) 22:11:35

ノロさんは 図面を正確見られるのですごいです。

私は詳しくは解りません。済みません!

清林間は古い写真を見ると私の子供時代と様子が全く違い、みに・ミーさんから写真の確認の依頼の際、湯崗子の清林間ではありません、と言いましたが 理由が解りした。
 
20年史読んでいると火災に遭っている事が解りました。

火災以前は立派な建物ですが、火災後の私が清林間の大浴槽で泳いでいた頃とは図面が全く違います 玄関も反対側です。大浴場は楕円形でプールの様な大浴場でした。
休憩室も半分は畳と板張りの大広間で殺風景でしたが
傷病の兵隊さんの慰問はこの広間で慰問団が演芸、踊等、時には映画などもありました。

写真で池の方から見える清林間の部屋、東屋など私の時はありませんでした。

対翠閣の前の池の橋も何度も架け替えられているので 他の場所も建物等も、何度も工事しているのだと思います。

夏目漱石が湯崗子温泉を訪れた時は「草原に対翠閣だけがぽつんと建つていて外は何もなかった」、とあるので湯崗子温泉では対翠閣が一番古い建物が解りました。

一番古い建物が現在もタイル張りの竜宮温泉がへ入れる様に
保存しているのはすごいと思いました。

対翠閣の玄関ホールから中央階段の左右から竜宮温泉浴場え行けます、左側通路に売店、隣が床屋、右側は休憩所裏庭へ出口がありました・裏庭がこの写真です。
出っ張ってる所が休憩室、地下が浴場になっています

家族湯の方は現代の中国風に模様替えしてあります。

湯崗子温泉へ何度も行きましたが昔の面影は無くなっているので、戦後72年も経つと少しづつ薄らいで来ました。

Re: 訂正 - 管理人 URL

2017/08/20 (Sun) 20:13:28

おお、この写真。
中央の低い木はバラの木でしたっけ。

火災などどんどん増改築、というのは面白いです。

Re: 訂正 - ノロ

2017/08/20 (Sun) 21:03:46

e-koさん、こんにちは。

私の図面の見方など大したことはありません。
二十年史図面の玉泉館・対翠閣の細かい凹凸が、e-koさんの証言や写真によってすべて意味があることを知ったので,「凹凸がより細かい図面のほうが正しい」という基準を勝手にこしらえて、その基準で比較しているだけです。

ところで、松猿さん紹介の中国資料に、清林館の大浴場はプールの底から直接、温泉が湧き出していた、と書いてありましたが、本当にそうでしたか?

清林間の大浴場 - e-ko

2017/08/21 (Mon) 00:06:24

管理人さん、ノロさん こんばんは  熊本は凄い暑さで頭がボッートなっています。

管理人さん 裏庭の黄色い薔薇の見本の薔薇の写真以前頂きましたよ。裏庭の写真も頂いた写真です、湯崗子温泉の写真も沢山集まりましたのでビデオ編集が出来そうです。

満州写真館、満州談話室のパソコンの前に座っているとタイムスリプし熱中していると 玄関のインターホンで現実に戻ったてます。

ノロさん 清林間の大浴場は松猿さんの紹介は正解だと思います。

楕円形の浴槽の中に片足入れると段があって浴槽底の隅の方
数か所から出ていたような気がしますけど 定かではありませんが お湯の温度調節が必要なので 別に大きな蛇口が有ったかも知れません。

清林間と泥池は夏だけ泳ぎに入って ほとんど社宅の大衆浴場又は対翠閣の竜宮温泉の家族湯の方に入っていたので記憶が鮮明ではありません。

特に対翠閣の事は鮮明に記憶しています。

写真は対翠閣の女浴場で壁にはタイルでカモの絵が描かれていました。男女の大浴室からと家族湯からも温室が見える様になっていました。

楽山荘の特別屋の地下には浴槽付きの遊郭もありました。

楽山荘と対翠閣は戦後 空き家になったので全館を一人で見に行き詳しく見て来ました。

子供だった私が大人になって父に「楽山荘の遊郭」の事を話した時 「何でお前が?」とびっくりしていました。


薔薇の花 - e-ko

2017/08/21 (Mon) 00:20:33

対翠閣の中庭の薔薇の花が大木になって残っていました。

湯崗子温泉で働いている中国人が「この薔薇は日本人が植えた昔の薔薇だ」と教えてくれました。

義姉と我が家の長男と中央が私です。中国人が撮ってくれました。

Re: 訂正 - ノロ

2017/08/21 (Mon) 22:09:50

e-koさん、こんばんは。

清林館の大浴場について教えていただき、有難うございました。浴槽の底から湧いていたというのはすごいですね。かけ流しならぬ湧き流しです。日本の温泉で、そのようなものがあるか、寡聞にして知りません。

楽山荘は図面で対翠閣のどの部分に当たるでしょうか?すみませんがまたお教えください。

裏庭のバラの木は、たぶん棘がないと思いますが、もしそうならキモッコウバラ(黄木香薔薇)だと思います。春先にいっせいに咲くときは本当に見事ですね。その後、若い枝が出て、その伸びるのがものすごく早いので剪定に苦労します。私の家ではこの木をアーチに仕立てていたのですが、去年の台風で倒れてしまって、今は小さくなっています。

湯崗子温泉の並木道 - e-ko

2017/08/15 (Tue) 22:51:36

管理人様

「満州3代温泉」を見ていました。
詳しく書いてありました。検索してみてください。

湯崗子温泉駅から400メーター(約10分)柳並木路

ポプラ並木は広い公園敷地内ありアカシヤも・・

満州温泉3大温泉では湯崗子温泉が設備は一番良い等と書いてありました。

マッドバスは「露西亜館」とも言っていたようです。

満州談話室は毎日談話が弾んでいるようです。


Re: 湯崗子温泉の並木道 - 管理人 URL

2017/08/16 (Wed) 00:26:13

おお、
駅から400メーターですか。
昔の人は逞しいから、さっさとあるいて10分で着きますね。

一寸、タクシーを使うには短い距離ですね。
新京駅、奉天駅、大連駅なんかはタクシー乗り場があった様ですが、そういえば湯崗子にタクシーってありましたでしょうか。

露西亜館というのは有用な情報です。
マッドバスを好んだのがロシア人、でマッドバス専門館も露西亜館に、となるとロシア人ニーズを担ったのか、などと想像しています。

満州談話室も盛況の御様子、拝見しております。

タクシーは無かった - e-ko

2017/08/16 (Wed) 15:05:22

「タクシー」私たちの頃は湯崗子温泉にはタクシーもマーチョ(馬車)ありませんでした。

私たちが移り住む以前に対翠閣に社用車があったようです。

お客さんの荷物はリヤカーで劉さんが(ポーター)迎えに行き
沢山積んで対翠閣の玄関で下していました。

マッドバスは戦時中 傷病の兵隊さんに使用されていたようだと書いてありました

函館の先輩から漸く便りが届きました。
40年前湯崗子温泉を訪ねた時は柳並木道は消えて残念だったそうです

並木道の絵葉書見て終戦から72年それ以前の柳並木路の絵葉書で見て感激した、美しい柳並木の絵葉書が見れて胸がジーンと来た、もう一度柳並木の風景を見たかったが見れなく残根に思っていたから嬉しかったと便りがきました。

マッドバスの建物名は色々呼んでいたようです、私は泥湯温泉と言っていた様でしたが、先輩の手紙では、トロッコ向こうに見えている洋館は「緑風館」と云っていたようだと書いてありました。

故郷「湯崗子温泉」と言う写真がとっても満足だったそうです。
送って上げてよかったと思いました。

露西亜館は大正時代 - ノロ

2017/08/16 (Wed) 17:15:55

e-koさん、こんにちは。
「満洲三大温泉」を見ました。はじめの方に、次の文章があります。
「その後、増加するロシア人湯治客に対応するため<玉泉館>にはロシア館が増設された。」

「ロシア館」には引用元が10)と示してあるので末尾の引用文献を見ると:
10)「遼陽と鞍山:附千山、湯崗子」(遼鞍毎日新聞社、1925年)193ページ

とあり、ロシア館は玉泉館に「増設」されたのであって、その時期は大正時代末期であることがわかります。ということは写真の建物が昭和5年に新築される以前です。

これと符合するように、年表の1925年代の欄に「露西亜館」の文字があります。

また、年表の1933年の「鮮満中国旅行手引」に、
「・名物マッドバスは東洋唯一で、ロシア人に広く利用されている。
・最近、建物とともに諸般の施設が「泥浴療養所」として竣工。4月~10月は医師の診療あり。」
という文章があります。

今まで出てきた、写真の建物の名称「泥浴場」「鉱泥浴場」「マッドバス」の他に「泥浴療養所」があったことがわかります。
案外、これが正式名称かもしれません。
「緑風館」については今のところわかりません。なお調べて見ます。

マッドバス - e-ko

2017/08/16 (Wed) 19:18:52

ノロさん
その後失礼していました。

マッドバスの事について、私はあまり詳しくなく 自信がないのですが、確かに竜泉別荘の裏にありました。
写真の様に立派には見えませんでした。

何度も繰り返し写真を眺めていると 泥湯池の上のトロッコで泥を運んでる写真、池の中に丸太の柱を立ててトロッコが走れる幅に橋を架けてありました。

私達が子供の頃はロシヤ人は一人も見かけませんでしたしトロッコは廃車になり マッドバスの建物の裏に放置してあったので 遊んでいました、

泥湯の池に架けてあったトロッコの橋は残っていて 何気なく渡っては 飛び込み台代わりに泥湯池に 橋から飛び下りてました、それほど高くなく60センチか1メーター位 池の湯はぬるま湯で体温に丁度良く泳いでいました。

湯崗子温泉の絵葉書、写真、見れて先輩は喜んでいましたけど 20年史の事もそのうちお知らせしようと思っています。

これまで生きていた甲斐がありました。

Re: 湯崗子温泉の並木道 - ノロ

2017/08/17 (Thu) 14:44:03

e-koさん、こんにちは。

戦争が激しくなると、ロシア人へのサービスどころではなくなったのでしょうね。

最初に出てきた松猿さんご紹介の図面を見ると、トロッコの線路は竜泉別荘横の小さな入り江を横断して対岸に達していますから、まさに橋のように見えたことと思います。

e-koさんはこの橋から飛び込んで、自ずから泥浴療法をやっておられたわけですね。

「二十年史」はどうぞお友達にも見せてあげて下さい。

Re: 湯崗子温泉の並木道 - ノロ

2017/08/17 (Thu) 15:05:01

ところで、ロシア人の泥浴に関係する二つの建物は次のように整理されます。

・ロシア館:1922~1925年に玉泉館に増設
・マッドバス:1930年に竜泉別荘の裏に新築

ロシア館は新築ではなく、玉泉館に増設されたわけですが、それが図面で建物のどの部分に当たるのかがわかりません。

マッドバスが新築されたので、ロシア館がまた模様替えされた可能性もあると思います。

e-koさんは、ロシア館が図面の建物のどの部分に当たると推定されますか?

Re: 湯崗子温泉20年史 - e-ko

2017/08/17 (Thu) 16:00:34

ノロさん 20年史ありがとうございます。

大事に扱っています。20年史もうしばらく貸してください。

私の家から玉泉館、対翠閣はすぐ近くでしたから良く覚えていますけど、建て増し部分は?どこでしょうか?

楽山荘の建て増しは解ります

私は月に2回校区の公民館講座で(100名)童謡唱歌を歌っています、
この前の15日の終戦の日は(お盆)丁度唱歌の日でした、
歌の合間に、突然私に指名で 終戦の日の満州の話をしてください。と言われましたが突然でったので断り、代わりに隣の席の人がハイラル・大連・朝鮮で終戦になった話をされてたすかりました。

終戦の日なので、何となく予感がし、20年史を持って行くつもりでいたのですが忘れて残念に思いました。

私が育ったよき時代の満州の話を自慢に写真を見せていたので20年史を持って、皆さんの前で話せなかったのが残念でした。

図面を見ているとこちらの図面の方がわかりやすく正確です。

図面と現地では私の感覚が少しずれているようですけど、

陸軍病院 - e-ko

2017/08/06 (Sun) 21:16:00

管理人様

陸軍病院の全景写真の一番左の建物は炊事室です。
窓の外にリヤカーが停めてある所です。

炊事軍曹?男性ばかりで!

兵隊さんが戦闘帽かぶって炊事係りか?炊事していました。

陸軍病院の傷病入院室前にテニスコートもありましたよ。

(兵隊さんが日光浴している前あたりに)

傷病の兵隊さん日向ぼっこ気持ちよさそうですね

Re: 陸軍病院 - 管理人 URL

2017/08/07 (Mon) 00:40:52

陸軍病院は、当HPで玄関付近と、あとこの写真くらいで、建物の全貌というのが判らなかったのですが、なるほど炊事室がばっちり写っていたんですね。

テニスコートもあったとは、なかなか興味深い。割と流行り始めたんでしょうか。奉天の大学とかヤマトホテルにあったみたいですが、病院にもあるとは意外です。

白い服の傷痍軍人というと熊本の陸軍病院でも同じような感じの光景があった様です。
江津湖でボート遊びをしていた写真をみたことがありますが、周囲は、たとえば市民病院みたいなものはまったくありませんでした。

Re: 陸軍病院 - e-ko

2017/08/07 (Mon) 11:36:55

熊本は八師団があり戦中陸軍の後進駐軍の駐屯地で敷地内の官舎の友達方に遊びに行くと守衛門で厳しく住所、職業、要件など記入して、許可を得て官舎に行きますと進駐軍が住んでいた様式トイレとお風呂が一緒(40年前)になって現在のホテルの様で床は全てコンクリートでした。友達はジュウタンを敷いて暮らしてました。

その後沖縄に転勤になり 沖縄にも遊びに行きましたが 同じく米軍官舎後に住んでいました。

40年(40歳頃)前同級生が4人陸、海、空、沖縄自衛隊に勤めていていたので遊びに行きました。

沖縄1周車で同級生でドライブ学生時代に戻り楽しかったです。(私の友達はご主人が、あとは男子、小、中、高校まで同じ学校に通った同級生)若い頃は楽しい事もありました。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.